【閲覧注意】実際の事件をもとにした韓国映画

映画

※本記事は多少ですが映画の内容のネタバレを含みます

本記事の内容

実際に韓国で起こった事件をもとに作られた映画を紹介

もりしー
もりしー

今回は、韓国の映画を紹介してます。

実際にあった事件となると見ごたえがありますよね。

衝撃的なシーンが含まれている作品もあるので見るときはご注意を…

映画好きにはオススメ!200,000 本以上の映像作品が見放題『U-NEXT(ユーネクスト)』

もちろん映画以外にも、アニメや・書籍も楽しむことができて、雑誌は80誌以上が読み放題です。

さらに、初めて利用する人は31日間の無料トライアル期間があります。

しかも、トライアル期間中に解約すればお金は一切かかりません、まだ登録したことがない方はぜひ『U-NEXT(ユーネクスト)』 をおためししてみてください。

殺人の追憶

華城連続殺人事件(ファソンれんぞくさつじんじけん)をモチーフにした映画。

こちらは、韓国の華城郡(ファソンぐん)という田舎で発生した女性連続殺人事件です。

1986年~1991年の5年間にかけて、犠牲者の数は10人にものぼりました。

さらにこの事件には、

  • 雨か曇りの日に事件が起こる
  • 被害者の下着を頭に被せる
  • 被害者の持っていたものを使って暴行する
  • 特徴的な手足の縛り方
  • 被害者を絞殺
  • 4人の被害者は全員赤い服を着ていた

といった、具体的な殺害方法や、奇妙な規則性があるにもかかわらず、犯人にたどり着けないという…

捜査もかなり大規模なもので、警察・機動隊合わせて約167万人、調べた対象は2万人にもなったそうです。

しかしながら、残念なことに2006年にすべての事件において時効が成立するという結果になっていましました。

日本でもたまに話題になりますが、当時の警察の強引な自白強要や、非人道的な捜査が忠実に描かれているのが見どころになっていますよ。

殺人の告白

こちらの映画は実話ではありません。

しかし、『殺人の追憶』と同様に『華城連続殺人事件』をモチーフに作られた映画です。

この映画でも、女性ばかりを狙った連続殺人事件が発生します。そして犯人を捕まえることができずに時効を迎えることに…

それから時間が経ったある日、私が犯人ですと名乗る男が突然現れて、殺人の内容を書いたという本を出版します。

そしてその後、衝撃的な内容と見た目がイケメンなこともあって、なんと殺人犯なのにスターになっていきます。

彼は本当に犯人なのか?今になって名乗り出でてきた理由はなんのか?

実際の事件では犯人が本を出すようなことはないですが、作りこまれたストーリーで最後まで見どころがある作品になってました。

ちなみに本作品は、日本でも『22年目の告白-私が殺人犯です-』というタイトルでリメイクされてます。

あいつの声

本作はイ・ヒョンホ君誘拐殺人事件がもとになっています。

この事件は、韓国のソウル市でイ・ヒョンホ君(当時9歳)が誘拐されたことから始まります。

ヒョンホ君の父親は会社の経営者(映画ではニュースキャスター)で、ソウル市内でも高級住宅街に住む富裕層だったことから、身代金目的の誘拐事件として捜査が進んでいきます。

ですが、ここでも警察のミスが何度も繰り返されることに…

犯人との交渉は40日以上の長期戦になり、60回余りの電話で脅迫したのち、ヒョンホ君の遺体が発見されるという最悪の結果になってしまいます。

映画の最後には、犯人のモンタージュが映されて、当時の脅迫電話の音声が流れるなど、生々しくて恐ろしい事件だったという印象を受けました。

カエル少年失踪殺人事件

タイトルの通り、『カエル少年事件』をもとになっている映画。

まず最初にタイトルを聞いて、カエル少年ってなに?って思いますよね?

これは、とある村で「カエル(実際はオオサンショウウオ)を捕まえにいく」と最後の言葉を残して、小学生5人が失踪したことが由来になっています。

警察が少年たちの家族を疑ったり、マスコミの心ない報道などがあり、足取りがつかめないまま約11年の月日が流れてしまいます。

そしてなんと、少年たちが最初に「行ってくるね」と言った場所で白骨遺体が発見されます…

検視の結果、外傷があり他殺と判断されますが、犯人は未だにわからないのだそう。

家族はその後、警察のミスやいいかげんな捜査を指摘して、国家を相手に損害賠償請求しています。

なぜ5人もの少年が殺されたのか?動機も不明なままで後味が悪いかもしれませんが、興味があったらぜひ一度見て下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました